岐阜北ロータリークラブ 会長就任にあたって


第37期 2018-19年度
会長 小泉 宣昭



 岐阜北ロータリークラブ第37期(2018年〜2019年度)会長に就任するにあたり、ひとことご挨拶申し上げます。
 岐阜北ロータリークラブに入会して10年が経ち、親睦委員長・会報委員長・会計・次期幹事・幹事(代表幹事)・副会長・会長エレクトと、皆様よりご指導を受けながら、なんとか役を無事にやってこられました。今度は、伝統と品格のある岐阜北ロータリークラブの会長を拝命し、今、まさにその責任の重さに不安と緊張で身が引き締まる思いでいます。今まで会長を歴任された諸先輩方には、敬意を表したいと思います。また、この岐阜北ロータリークラブを36年間支えてこられた、岐阜北ロータリークラブの会員の皆様にも感謝申し上げます。
  2018年〜2019年度RI会長のテーマ【“Be The Inspiration”インスピレーションになろう】を今年度のテーマに掲げています。
 前向きな変化を生みだし、私たちが今日、直面する課題に勇気と希望!そして、創造性をもって正面から立ち向かう意欲をクラブ、地域社会そして、組織全体から引き出すための【インスピレーション】となる必要がある。 Inspiration≒心に火をつける人、意欲を引き出す人 このRI会長のテーマを頭に入れ、この一年、インスピレーション(心に火をつける人、意欲を引き出す人)になれるよう、会員の皆様に声掛けしていきます。
 また、国際ロータリー第2630地区【木村静之ガバナー】は、「理念をかかげ、意欲を喚起し共に行動」というテーマのもと、2018〜2019年度、地区重点目標として次の5項目を掲げられました。

  1. 「奉仕の理念」の浸透と例会の充実
  2. 会員基盤の強化、意欲の喚起
  3. 奉仕活動の充実
  4. 公共イメージと認知度の向上
  5. ロータリー賞・RI会長特別賞に挑戦しよう

 この木村静之ガバナーが掲げる5つの重点目標を頭に入れ、我がクラブがこの目標に向かって一年活動していけるよう指南していきたいと思っております。
 最後に、岐阜北ロータリークラブ会長としての私の重点テーマは、「会員の拡大と奉仕活動に積極的参加」です。会員拡大に向け、会員一人一人の増員意識を高めるため、積極的に会員増強を働きかけ、年に4名の増強を目指していきたいと思います。
 そして、4年後の40周年を迎えるまでには、会員数が40名以上となるような会員増強目標を掲げ、若い会員や女性会員の増強にも力を入れ、クラブ活性化を図っていきたいと思います。
 また、奉仕活動、地域活動には会員全員が積極的に参加するよう促してまいりたいと思います。
 この一年間、岐阜北ロータリークラブの伝統を守り、理事、役員、各委員長、各会員の皆様のご支援とご協力をいただきながら、頑張ってまいりたいと思っておりますので、よろしくお願い申し上げます。
 これをもって私の会長就任の挨拶とさせていただきます。



TOP クラブ沿革 年間プログラム 週報 卓話集